FXの注文方法

FXの注文方法解説@FX初心者向け

FXで使う注文方法を解説したサイト。初心者の方は絶対に注文方法を覚えてください。

注文方法

成行注文

漢字の通り成り行きで出す注文方法のことです。為替レートは常に動き続けていますが、取引システム上で提示されているレートでそのまま注文を出す方法です。設定によって1銭でも動けば約定しないとか、何銭までなら約定するなどカスタマイズすることができます。プラスマイナス1銭ぐらいの設定にしておけば指標発表直後でない限り約定する確率は高いですが、1銭でも動いたら約定しない設定にしておくと若干ストレスを感じるかも知れません。

 

指値注文

一番多く使う注文方法かもしれません。現在が110円だとして、108円まで下がったら買おうという場合に108円で買い指値を入れておきます。為替レートを見てないときに108円まで下がったとしても指値注文が執行され注文が出されます。常に相場に張り付いていられる人なんて限られていますから、指値注文を活用すると便利です。

 

IFD注文

IFD(イフダン)注文は、if done したら…という注文で、指値注文とその指値注文が約定したポジションに対して利食いか、村議rの注文をセットにして出せる注文方法です。例えば、現在110円dなとして108円になったら買い注文を出し、109円で利食いをするという注文をセットで出すことができます。知らないうちに約定して利食いまでしてくれてた。なんてこともあり得ますね。

 

OCO注文

こちらは二つの注文を同時に出し、片方が約定した場合には片方はキャンセルされる注文方法です。既にポジションがあり、利食いと損切りの注文を同時に出すという使い方と、レンジ相場の時などに上で売り、下で買いというセットの注文で出すなどの使い方があります。

 

IFO注文

こちらはIFDとOCO注文がセットになった注文方法で、新規の注文に対して損切り、利食いの注文が一気に出すことができます。一番リスク管理が簡単な注文方法で、相場を見る時間があまりない方にはピッタリの注文方法です。売買シグナルでFXトレードを行う場合も、あれば便利な注文方法です。

メニュー

最新記事

Copyright (C) 2010 FXの注文方法解説@FX初心者向け All Rights Reserved.